空腹がうまくいくのだ

空腹がうまくいくのだ

今日覚えたこと

マリソル休刊で思った、マリソルの必要性

マリソルが秋から休刊になるそうだ。
(eコマース目的で、ときどきは出版されるらしい)
とても好きな雑誌なので残念だ。

 

マリソルは、私のような普通の働く主婦が通勤コーデをちょっとお洒落にしたいと思うときに、参考になる。

 

同じ世代をターゲットにしている雑誌で、STORYがある。
STORYの方がマリソルより発行部数が多いようだ。

なのに、いつもうまく参考にできない。

 

なぜなんだろう?

 

オレンジ、グリーン、紫など目立つカラーの服や、デザインがゴージャスだったりする服が多用されている。

 

ひとつひとつの服はぱっと目をひくし、わーー素敵!とテンションも上がって欲しくなる。

しかし、服代に予算があるので少しの服を着回さなければならない。

目立つカラーの服は、周りの記憶にも残りやすい。頻回に来ていると、「あの人はまたあの服を着てるよね」となってしまう。

 

人目をさておいておいても、目立つカラーや凝ったデザインの主張性の強い服はなぜか自分でもその色にあきてしまう。

また、その色に合う色や形が限定されるので、着回しがきかない。

 

要するに、STORYに載っているコーデは、すべて

「勝負服」な感じなのだ。

その一瞬だけ切り取るととても素敵。

 

でも、3日1度のペースでその服は着れないよねというコーデ。

私が求めているのは、勝負服の参考書ではなく、毎日の味気ない通勤着をちょっとウキウキさせるための参考書だ。

 

ここまでSTORYをこきおろしてしまったが、STORY読むのも実は大好き。


記事タイトルがいつもめちゃめちゃ面白いのだ。

「母さん今日から豹になる!」

とかもう最高すぎて忘れられない。


自分とは関係ない世界の読み物として楽しく読ませてもらってる。
ただ、自分のコーデには参考にならないだけ。


40代女性誌で他にマリソル的な方向性を満たす雑誌が見つからない。

マリソルがエネルギーを蓄えて、また復活してくれることを願っています。

恵方巻きは、関西も関東も関係なし。みんなでがぶりとやってコロナ退散しようよ

f:id:yuhirax:20210202150536g:plain

職場で「やっぱり恵方巻き食べるの?」と昨日、3回も聞かれた。
関西出身だと認識してもらって、話しかけてくださるのは大変ありがたい。

そのうちの一人の方は、そんな問いかけの裏に、
「関西出身じゃないのに、よその土地の風習を流行りにのっかってマネするのは恥ずかしい。でも、流行りだし、ちょっと乗っかってみたい。」
というニュアンスが隠れていることがわかった。

実を言うと、恵方巻きにはちょっと飽きている。
なんせ子どもの頃から、何十年も食べ続けているから。
また、近年、糖質をなるべく控えているので、お寿司系はあまり食べたくないところ。
しかし、子どもには関西の風習をつないでいってほしいし。
今年はどうしようかなと思っていた。

話しながら、そもそも、節分の目的は厄除けだよなぁと。
はやりにのっかるみたいな気恥ずかしさはあるとおもいますが、
コロナ禍で、みんな一丸となって、厄除けしないとねと。

関西も関東も関係なく、日本中みんなで恵方巻きをがぶりとやって、早く自由に行動できる世の中にしましょうよと誘ってみた。
その方は、「ほんとだね。明日は恵方巻きにチャレンジしてみる!」とさわやかに言っていた。
さて、そろそろ恵方巻き買いにいきますか。

恵方巻とあともう1品を何にするか問題。ああ、アレがあった!

f:id:yuhirax:20210202114621p:plain


毎年、恵方巻きと何を食べるか悩みませんか?

そもそも、恵方巻きって買うと高い(笑)

1本¥1200ぐらいは平気でします。

¥3000のもあったりする。

うちみたいに3人家族だと、もうそれだけで¥3600。

なのに、男子がいる家族では、恵方巻きだけだと足りないと言われてしまう。

けっこう奮発してるのに、さらに肉料理?

むーー、なんか納得いかない。

 

栄養バランスも気になります。

恵方巻きは、ごはんとタンパク質でできている。

とすると、野菜が足りない。

かといって、サラダをつけるとこの寒い日に冷たいものばかり。ひーん、寒い。ぜんぜん食欲わかなーーい。

 

そんな愚痴を職場の先輩にぶつけていると、先輩が一言、

「うちはいつも豚汁だよ。」

豚汁!!

これなら、肉っけもありガツンとほしい男子たちも文句なく、野菜もとれて、あったかい。

みそ汁だから、たいした手間もかからない。

すばらしいです、先輩!

 

そもそも節分は厄払い。

コロナ禍で外食もままならない今、おうちでできるイベントです。

ハロウィンも人気ですが、大切な日本人のイベントとして、恵方巻きと豚汁で今夜は楽しみましょうか。

f:id:yuhirax:20210202122212p:plain

 

パンという甘美な記憶を忘れたいっ

おとといから始めた砂糖断ち。

さっそく脱落。
おしゅうとめさんが家族の人数分もってきてくれたメゾンカイザーのパンを食べちゃった。
夕飯のあとに。

ホワイトチョコが入ったパンがありまして。
ホワイトチョコに目がないんですよねー。

軟弱な意志です。

パンというこの甘美な記憶を忘れたいっ。

ただ、今朝の体重は下がってた。

ダイエットの参考にしているのは、太らないカラダという本です。
朝ごはんを食べないファスティングを併用しています。

食べてしまった砂糖は忘れて、自分の気に入るカラダのために続けよう。

今から砂糖断ちをやってみます。必殺アイテムはあの食品。

砂糖断ちしたいなぁと思う今日この頃。
ここ1、2ヶ月ほど、夕食後に菓子パンを食べるのがクセになっています。

要するに、砂糖っけを少しでも食べると、

もっとほしいもっとほしいと身体が訴えます。
そして、ないと恐怖、という悪循環が毎日つづくのです。

この悪循環を絶つには、

「身体に砂糖を入れない!」という作業。
そうして、脳の報酬系が、砂糖=美味!
という認識を忘れてしまうまで待つ!

ただ、このことに脳が慣れるまで、とてもツラい!ストレス!です。
経験で、我慢しすぎると反動で過食にはしってしまうこともあり、かなり怖い作業です。

そして、いいものを見つけました!

「ポンカン」です!

ここ数年、濃い甘さと胃がすっきりする甘味にハマっているポンカン。
きのう、今日と、夕食後に1つ食べました。

いい感じで、甘いものがほしくなる欲求を抑えてくれています。
正直、今も甘いもの欲が暴走しないか怖いです。
でも、ポンカンでのりきってみます!