空腹がうまくいくのだ

空腹がうまくいくのだ

今日覚えたこと

片手で卵を割るのって、なぜか気持ちいい。ダイソーの容器、レンジ1分で温泉卵ができる。

朝食に、ダイソーのこれで温泉卵を作っています。

まぁ、半熟卵なのですが。

ずっとこういうので、ゆで卵を作っていたのですが、

7分かかっていたところ、

1分でできるので便利です。洗い物も少ないし。

で、少し困っていたのが、容器が自立しにくいため、卵を割っていれるとき、支えが必要なこと。

割るときに両手を使うため、手で支えられません。

また、容器が小さいため、割ったときに白身がこぼれるんです。
いつもこぼれた場所を拭くのは面倒だなあと思っていました。

ふと思いついて、卵を片手で割ることができれば、シンクの中で完結できるので、拭く手間も省ける。
手を洗うのも片手だけだし。

さっそく片手で割る方法を探したところ、教えてくれるサイトがありました。

コツは、

「指3本で握ること」

フォークボールの持ち方」なのだそうです。

そして、上下にぱかっとなるよう指を開く。

で、やってみると、1回目は失敗しましたが、2回目で成功。

しかも、片手で割るのってなぜか気持ちいい!
いくらでも割れそうで、おもしろいんです。

夫に教えてみたところ、1回でできました。←ちっ。

朝の楽しみができました。

ニーズにあうタンスがなかなか探せないのですが、まずはモノを減らして気分をあげようかと。

洋服をいれているたんすの引き出しの底がたわんでしまい、奥の隙間から洋服が落ちて困っています。

新しいものを探しているのですが、なかなか機能と、たたずまいと予算に見合うものが探せずにいます。

ネット通販のもので、これでいいかなとほぼ決めたものがあり、あと数日で値引きされるので、そもそも持っている荷物をこの際だから減らそうと決心しました。

が、そのたんすのレビューの中に、引き出しが浅すぎて入らないと書かれているものがあり、購入を一旦中止しています。

気分を変えたいのもあって、修理は検討していませんでしたが、機能性を満たすものがなかなかないことで、そちらも見積りをとるよう動き始めました。

なかなか気分が上がる選択肢がないのですが、とりあえずモノを減らしてみて、必要な容量を圧縮してみようと思います。

モノを捨てれば、気分が上がることも間違い無いですし。
日本でいちばん高いものは空間らしいですからね。

1人分の醤油は「大さじ1弱」と覚えれば、だいたいうまくいく

カマンベールと豚バラがあったので、豚巻きにしてみました。
このレシピを参考にしました。

カマンベールってすごいですね。
想像した味より、ずっとおいしかったのでびっくりしました。

味は以前、覚えたとおり、
1人分である

  • 醤油=大0.75〜1
  • 砂糖=醤油の0.75(→自分の好きな、醤油に対する甘みの比率です)
  • 酒は適当に。必要な水分を入れる感じ。

炒め物、煮物、照り焼き、おでん、、、醤油と砂糖ベースのものは、なんでもこれでいけます。
あとは水分を加えて濃さを調整すればOK。

厳密にいうと材料の重量比に対して、1%の塩分を計算すればいいそう。
勝間さんの本に、醤油、味噌の塩分量が載っていました。

f:id:yuhirax:20190830073542j:plain

家族の人数をふまえた自分作る料理の量はだいたい決まっていますから、一度、必要な醤油の量を測って覚えてしまうといいかと思います。

レシピを見なくていい夕飯作りに、少しずつ近づいてうれしい。

アウトプットすると、思ってもみなかったところに着地する

f:id:yuhirax:20190828192258j:plain
昨日の記事
本当は「かかとのささくれに電動ヤスリが便利だよ」
という目的の記事を書こうとしていました。

書きあげたあと読み返したときに、あることを思い出しました。

以前、母に、何かを調べて教えてあげたとき、
「今どきの人って、すぐスマホでちゃっちゃか調べられるから、いいわねえ。」と言われたことです。

そして、記事として当初とはちがう「まとめ」が出てきました。

文章にせず頭でだけ「電動ヤスリってほんと便利!」と思っているだけでは、そこで思考は止まっていたと思います。
文章という形で、一度脳の外に書き出して初めて、
その先の当初思ってもみなかった考えが現れてきたのでした。

書籍で、
「書いてみることで、思ってもみなかったところに着地する」
と読んだことがありますが、ああこういうことなんだなぁと思いました。

子どもに身につけさせたい能力。ネットで調べる能力。

足の裏のかかと側にささくれができて、困っていました。
フットケアのお店で、¥3000ぐらいで削ってもらったりしましたが、またすぐにささくれてしまいます。
対処法をネット調べていて、こんな道具があることがわかりました。
電動のヤスリです。

使ってみるとすごくよくとれるんです。びっくりしました。
このパナソニックのもので、¥3000台ですから、フットケアサロン1回分です。

固い角質がとれていくのはとても楽しいので、ついつい削り過ぎてしまいます。

ちょっと調べると、毎日がほんの少し快適になる道具って色々あるものですね。
能力というと大げさですが、ネットなどで調べる力って大事ですよね。

すぐに調べる人と、調べない、調べられない人とでは、今後どんどん生活の濃さが違ってくる気がします。
これからの子どもにはぜひ身につけさせたい能力ですね。