空腹がうまくいくのだ

空腹がうまくいくのだ

今日覚えたこと

お医者さんとの相性ってどういうことか少し分かった

f:id:yuhirax:20190513085218j:plain

「お医者さんとの相性ってあるよね」とよく聞きますが、いままであまりピンときていませんでした。

先日、あぁ、相性ってこういうことかと思ったのが、
冬から春にかけて、鼻炎が3ヶ月ほど治らず困っていました。

内科に行っても治らず、耳鼻科でレントゲンを撮ったりもしましたが、副鼻腔炎にはなっていないので長い風邪ではないかという見立てでした。

それから2〜3週間たってもずっとつらいので、もう一度耳鼻科に行こうとしたら、その耳鼻科があいにく休み。
とりあえず症状をおさえるための薬がほしいと思って、もとの内科に行きました。

いつもとはちがう先生でした。その先生は、

  • その症状から考えられ原因は、AとBで
  • Aを封じ込めるのはまだ早いから、Bを抑える対策をとりましょう
  • それでダメだったら、Aをやっつける対策をとりましょう
  • Bの対策としてこの薬をだしますね

と話されました。

  • 原因をしぼって、
  • こういう優先度で、
  • この道筋でいきます。
  • 具体的な解決策はこれです。

という見通しを説明された。

大きな病気だと治療方針をしっかり説明されるのでしょうけど、町の内科で決定にいたるプロセスを話しながらおこなう先生に初めて会いました。

そんな説明なんかいらないから、早く効く薬を出してくれという人もいると思います。

そのあと過ごしてみて思ったのは、
治療のプロセスに納得していると、思うように咳や鼻が止まらなかったりで多少しんどくても、なんとかのりきれるものだなぁということ。

治療方針を聞いていないと「ほんとにこの方法でいいのかな?」「やっぱりあの先生はヤブかも?」と、疑心暗鬼になって余計な不安を持ってしまいがちです。

プロセスに納得していると、
「先生の言う1週間分の薬をぜんぶ飲んでみてどうなるか結果をみてみよう。それまではガタガタ言わない。」
と腹をくくれる感じ。

そして、結果が出る(=治る)のが楽しみでしょうがありませんでした。
具合が悪い中でも、ちょっとした楽しみがあるっていいですよね。

「なんでも実験にして楽しんでしまえ」という嗜好もあるかと思いますが、
その性格と先生のやり方がマッチしたという。
ああこういう先生をほっしていたんだなということが分かりました。

これを相性というんだなと気づいた次第です。
内科以外の病院も、近さだけとかで決めず、自分の性格にあった先生をさがしてみてもいいなと思いました。

長い休みより、ウィークデイの方がストレッチができています

柔軟体操をする女性のイラスト

ゴールデンウィークが明けて、ストレッチを再開しました。

休みのほうが十分時間があるのになぜ1回もやらなかったやらないんだろうと
よく考えたら、ストレッチをする動機が
「仕事中の肩こりを減らしたいから」
でした。

やるのは前後開脚だけなのですが、骨盤まわりが緩むと肩がすとんとおちて、肩周りがラクなのです。

ストレッチをしたときとしないときでは、ぜんぜんちがうので、朝、時間がなくても隙間を作ってやってしまう。

ほんとは、毎日やった方が、伸びるまでの時間が短くてすむのでいいのですが、
仕事という肩がこる原因がすぐ目の前に見えていないと、やること自体を忘れてしまいます。
それがいいのかもしれません。

休みの日よりウィークデイの方が、スケジュールのリズムに後押しされて、こなしてる感、充実感があるなぁという気がします。

これだけストレッチストレッチ連呼したので、
はい、今日は今からやろうと思います。

ポリ袋でキャベツをレンジしていいんだ #有元葉子PJ

f:id:yuhirax:20190508092221j:plain

大好きな有元葉子先生のレシピを検索していてある記述を発見。。ん?

「キャベツはざく切りにし、さっと水にくぐらせてポリ袋に入れ、電子レンジで3分加熱する」

えっ、いいの?
ポリ袋でチンできるなら楽ちんこの上ないですよね。

家族3人分のキャベツの量って、それなりのかさです。
我が家ではその量が入る耐熱容器がないので、レンジをずいぶんあきらめていました。
(先日どうしても、春キャベツのおひたしをてんこもり食べたくなり、

イワキの耐熱ボウルを買ってしまいましたが、、、)

でも、あの天下の有元葉子先生のレシピです。しかも、媒体はオレンジページ

ググってみると、知恵袋では

  • ポリエチレンの耐熱温度は70-80℃と低いが、レンジではポリ袋そのものは加熱されず、袋の中の食材のみが加熱される
  • 「ポリ袋に接触している部分の食材」が高温にならなければ問題はないだろう

問題が起きるのは、

  • 食材に水分があって袋の下に水が溜まっている

等を加熱した場合だそうです。

これを読む限り、キャベツを3分ほど加熱するだけだったらギリギリなんとかOK?という感じに見受けられます。
もろもろ覚悟を決めて、チャレンジしてみようと思います。

 

 

長期の休みは「毎日何をしようか考えなければならない」からしんどい

f:id:yuhirax:20190507062335p:plain

ゴールデンウィークが終わるのがうれしいです。
というのも、長期の休みでは毎日、その日何をしようか考えなければならないのがだいたい苦痛です。

3連休ぐらいであればたいして考えなくても過ぎてしまいますが、それ以上だとそうもいかず。

毎日、今日何をしようかなと考えるの意外とはしんどいです。

無職の主婦を半年ほど過ごしたことがありますが、あこがれのお気楽主婦生活と思いきや、毎日何をして時間をつぶそうか考えるのがめちゃくちゃ大変でした。

友人とおしゃべりをしながらランチをしようにも、友人たちは働いているのでたまにしか会ってもらえないですし。

前から行きたかったお店を食べあるこうにも、無職なので使えるお金はかぎられています。くすん。

 

仕事をしていれば、今日何をして過ごそうかなんて何も考えずに仕事に行くだけです。
帰ってきて家のことを怒涛のようにこなしたらもうそれで1日が終わります。

じゃあどのあたりがベストかというと、
仕事をしながら、あ、これしたい!と思いついて、休みを楽しみにするぐらいがちょうどいいんだと思います。

逆にいちばんストレスなのは、やりたいことが浮かんで、それをする時間がないこと。

やりたいことの時間と、無になって仕事する時間と。
それが週休2日なのか、3日なのかそれは人によるのだと思います。

このてんびん関係がその人にとってちょうどいいワークライフバランスなんでしょうね。

ちなみに、生活に必要なお金を稼ぐという要素はあえてここでは加味しないことにしていますのでどうぞよしなに。

ゴールデンウィーク中、ホワイトボードにやってほしいことを書くと家族がうごいてくれる

f:id:yuhirax:20190506062827j:plain

GW中にやりたいこと・やってほしいことを、ホワイトボードに書き出しています。

行きたい公園の名前や、手伝ってほしい換気扇や網戸の大掃除。
子どもの宿題など。
GW前から書き出し、GW中も思いつくままに追加していました。

ホワイトボードは食卓の横の壁に貼ってあるのですが、
ご飯を食べているとなんとなくホワイトボードに目がいきます。
そうすると、家族が自分からあれやるこれやると動いてくれるのです。

特に夫の行動のスイッチがぜんぜん違います。
箇条書きで目に入れられると、早く終えてしまって消したいという本能が働いて、動かずにはいられないものなんですかね。

終わったら消していきます。
消しながらふと、やったことを忘れてしまうのも淋しいなと思って、今回は紙に書き残してみました。

こちらのExcelテンプレートを少し加工して使いました。

四行日記:書き方は自由|Excelで作成 - 無料でダウンロードできるフォーマット

GWが始まる前はこんなに長い休みだと飽きてしまうのではないかと心配していましたが、こうやって書いたものを眺めているとなかなか充実した休みだったなと思えます。ふだんの土日でも試してみます。