空腹がうまくいくのだ

アラフォー主婦の、生活を楽しくする研究日誌。

昼顔を見て、やっぱり「不倫は悪いことじゃない」と思った。

f:id:yuhirax:20170621055015j:plain

映画の「昼顔」を見てきました。

もちろん、「さわちゃんがあの後どうなったか?」に興味があったからです。

そして、まあ予想どおりというか、最近の風潮にさからわず、 「不倫したらこんな結末が待ってるよ。幸せになんかなれっこないんだよ。」というありきたりな結末で、正直がっかりしました。

「主婦の昼間の不倫とは?」という新しい価値観を見せてくれたドラマだけに、今度はどんな新しい価値観を見せてくれるのかな?と期待していたので。

まぁ、不倫をされた配偶者の気持ちを想像してみようね!ほら、こんな悲しいんだよ、っていう想像力を若者に教えるって意味ではありかと思いますが。 このへんは、どの層にメッセージを届けるかによって変わるんでしょうね。

不倫についてどう考えるかと、 心屋さんの「不倫は悪いことではない」という考えに、納得しております。

■不倫は悪いこと?|心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

くわしくはぜひ記事を読んでもらったほうがいいのですが、 要は、

不倫は「悪い」ことではない。

ただし、不倫は「された側は悲しい」ことである、ということ。

「悪いことだ!」「法律違反だ!」と「正しさ」を盾にとって、

「裁き」を与えたい

という考えに落ちていくと、 相手を「責め」続けてしまい、「被害者」という立場から抜け出せなくなってしまう。

むしろ、「不倫」が、 なんで嫌なのか、に 目を向けたほうがいい。 つまり、

「大事にされなかった」 「一番にしてくれなかった」 「愛が減った」

という問題。

一番大事なのは、 「わたしは、愛情をちゃんと与えていただろうか」 「わたしは、相手の愛情をちゃんと受け取っていただろうか」

と、「気づくチャンス」でもあるということ。

それから、 「自分はどうしたいか」に ちゃんと向き合ってみる。

というような内容です。

夫婦どちらかが不倫をするときって、その前提に、 夫婦関係が、おたがい満足いくものではなかったはず。

その関係をもう1度点検しようよ、というイベントなんだととらえています。 でも、ホントにホントにされたら超絶いやなことなんですけどね。

結婚という状態にあぐらをかいてちゃいけないなーと、改めて思いながら帰りました。

それにしても、上戸彩ちゃんスリムすぎる。爽やか。 「あー、あんなふうに身体が軽かったら気持ちいいだろうな」 ということばかり思っていました。

さて、ダイエット励みますか。