空腹がうまくいくのだ

アラフォー主婦の、生活を楽しくする研究日誌。

象印の温度調理鍋で、タジンをリベンジ

きのうもタジンの練習。
今回は、鶏もも肉ではなく、豚と鶏がミックスされた「つみれ」を入れました。
 
で、結論から言うと、半分成功しました。
というのも、
 
課題1:
玉ねぎに火がとおらず、胸焼けする件。
これは、うす切りで解消しました。
 
課題2:
象印IH鍋の煮込み時間の件。
今回は70℃、40分で試しました。
 
すると、つみれがぜんぜんまだ。中が赤いままでした。
さつまいももまだ固い。
 
なので、急遽、鍋にうつしかえて10-15分ほど煮込みました。
うーーん、温度調理の煮込み時間がよくわからないなぁ。
 
もんもんと調べていると、
イムリーに、勝間さんがメルマガで、
 
浜内千波さんの「炊飯ジャーでおかず革命」
 
という本をすすめられていました。
これによると、炊飯ジャーの保温温度はすべて70℃がそうで、この機能を使えば、勝間さんが提案している70℃によるほったらかし料理ができるよ、とのこと。
 
まだ、本を確認していないのですが、
ちょこっとでている情報によると、
 
「70℃で2時間ほっとく」
 
みたいな考えだそうです。
わわわわ、2時間て!ぜんぜん煮込み時間が足りなかったんや。
 
まとめ
というわけで、次は2時間、いやできればちょっとでも短くしたいので、1.5時間で試したいと思います。