空腹がうまくいくのだ

アラフォー主婦の、生活を楽しくする研究日誌。

象印のIH鍋で「タジンの煮込み」に挑戦

象印のIH鍋で、「タジンの煮込み」が作りれないかと思い試してみました。
参考にしたレシピはこちらです。
 
こちらのサイトは前から、鶏の白ワイン煮ポトフなど参考にさせてもらっており、普通のレシピ本では得られない、でもそれをするとおいしくなるちょっとしたコツが書かれています。
 
で、作ってみた結果は、
鶏はおいしかったけど、たまねぎで胸やけがおきました(笑)
 
「70℃で、1時間」
「80℃で、40分」
 
1時間終えたときに、味見したのですが、玉ねぎがあまりにもかたかったので、70℃ではだめかな?と思って80℃に変えたのですが、
それでも、火がとおらなかったということですね。
 
もともとのレシピは、スライスしたものをフライパンで炒めてから煮込むのですが、とろっとした大きめの玉ねぎを食べたかったので、くし形にしたのが敗因かもしれません。
次はスライスで試してみよう。
 
また、タジン風なので、調味料にクミン、パプリカ、ターメリックを入れたのですが、この量が少し多過ぎて味がうるさくなってしまいました。。
調べてみると、モロッコではどれも小さじ1杯以下しかいれないそう。
香りになるぐらいでいいんですね。
 
そして、IH鍋で作るにあたって試したことは、元のレシピの方では、
 
「鶏を焼きつけてから煮込む」
 
という流れですが、せっかくIH鍋で時短をめざすので、
 
「焼かずにそのまま煮込む」
 
というのを試してみました。
こちらは、わりと許容範囲でした。焼き付けて煮込むほうをまだ作っていないので正確には言えませんが、焼かなくてもおいしかったです。
 
 
次への課題が明確になってよかったです。
料理家さんだって、試行錯誤してベストな配合をめざされているはずです。素人のわたしが最初からうまく作れるはずがない。
がんばりますよーー。