読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空腹がうまくいく!

アラフォー主婦が、空腹標準をモットーに、生活を楽しくする研究日誌。

レッドカードやユニクロのデニムがあわない人は「腰のカーブ」があってないのかもよ

こんにちは。
春なので少し薄い色のデニムがほしくなり、ユニクロ、百貨店とはしごして来ました。ところが、いくら試着してもサイズがしっくりきません。どうサイズがあわないのかと言うと、

  • ヒップにサイズを合わせると、ウエストがゆる過ぎ。
  • じゃあと思って、ウエストのサイズを小さくしてみると、今度はヒップと太ももがぱつぱつ。さらに、丈の長さも足りない。

まあ、下半身デブな体型ではあるのですが、デニム以外のボトムスはほとんどMサイズを着ています。どうしてデニムだけしっくりこないんだろう?

あわない理由は「腰のカーブ」

だんだんしょんぼりしてきた私に、百貨店の店員さんがいい考察をくれました。
それは何かというと、レッドカードやユニクロのデニムは、

「正面から見て、ヒップからウエストにかけてのカーブが浅い

のだそう。ヒップの幅とウエストの幅にあまり差がないってことですね。

で、わたしの場合は、ヒップとウエストの幅にもう少し差があり、カーブがきつい。 図にするとこんな感じです。

f:id:yuhirax:20170425153723j:plain

ウエストが細いわけではないので、お尻が横に広いってことですよね。しくしく。

そんな私にもあうデニムがあった!

というわけで、店員さんが持ってきてくれたのは、「CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)」というアメリカのブランドのもの。
以前、足のラインがきれいに出るデニムとして流行った「セブンフォーオールマンカインド」のデザイナーさんのブランドだそうです。 で、さっそく試着すると、たしかに腰のカーブがぴったり。 さすが、プロの店員さん。ひとりひとりの体型をよく見てらっしゃる。

海外製なので、どうしてもお値段がかわくいないのですが、もう散々試着して撃沈したあとだったので、貴重な「腰にしっくりくるデニム」ということでお買い上げしました。

予算オーバーの言い訳ではありませんが、このデニム、生地がやわらかくてめちゃくちゃはきやすい。
また、ポケットの片方だけをほつれさせてるところなど、デザインもほんとに優秀です。 白いシャツにあわせて、前の裾の片方をインして、そのポケットのほつれを見せると、甘辛ミックスがそれだけで作れてしまいニクいやつなんです。

f:id:yuhirax:20170425154617j:plain

そういえば、形はちがいますが数少ないヘビロテのデニムが、このメーカーでした。当時は理由を把握して買ったわけではありませんが、「これはあっている」と感覚でつかんでいたんでしょうね。

海外ブランドだと解決するかも

結局、レッドカードやユニクロに見られる「ウエストとヒッブにあまり差がない」腰のカーブは、おそらく日本人にそういう体型が多いってことなんでしょうね。
他のメーカーで、「AG」というブランドも、比較的シチズンズに腰のカーブが似ている感じでした。 どちらもアメリカ製なので、あちらのメーカーの方が腰のカーブにあっているのかもしれません。 というわけで、私のように国産デニムの腰回りがしっくりこないと感じておられる方は、一度、シチズンズオブヒューマニマニティなど海外ブランドを試されてもいいかも。