空腹がうまくいくのだ

アラフォー主婦の、生活を楽しくする研究日誌。

読み聞かせに、「かがくのとも」がよすぎる!

子どもに読み聞かせる絵本て、どれにしようか悩みませんか?

 

本を読むことは楽しい、ってことを神経にすりこませたいので、小学生になっても「目標:毎日1冊」で読み聞かせています。

 

で、面倒だなあと思うのは、

 

・おんなじ本を何回も読むのは、親もあきる!
図書館で大量に借りると、重い!

・本を選ぶのにできるだけ時間をかけたくない

(時間がかかると、毎日読むという目標に挫折しそうで。。)

 

そこで、これを満たすのがこれ!

 

「かがくのとも」

かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

福音館書店から毎月出版されてるあの薄っぺらい冊子です。

 

f:id:yuhirax:20160801121049j:image

 

これを図書館で借ります。そうすれば、

 

・いくらでも借りられるし、

・家に持って帰るのもラク

・ついでに、寝転がって読んであげるのに、軽いので腕がラク(笑)

 

で、選び方ですがシリーズで4-600冊ぐらいでているので、福音館のHPから一覧をダウンロードして、読破した分に◯をつけっていっています。

わたしが住んでいる自治体では、図書館の本がネット予約できるので、次の本を予約するときもこの一覧は便利です。

 

そして、内容も、セミのとり方といった理科的なことから、電柱に何がくっついてるかといった社会的なこも、お好み焼きの作り方、キャンプの仕方まで。

めちゃめちゃ幅広く、本屋さんでいう実用書のコーナーみたいな内容で、大人が読んでもめちゃめちゃ楽しいです。

 

そして、そんなテーマを題材に、子どもが主人公のお話形式になっているので、海の生きものとか、図鑑を読んだだけじゃ頭を通り過ぎていくような内容が、ぐっと頭に入ってきます。

 

息子はかがくのともを読んで、虫や自然がまちのいろいろなものに興味を持つようになりました。

読めない日もしょっちゅうですが、全制覇したいです!

 

f:id:yuhirax:20160801121056j:image