読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空腹がうまくいく!

アラフォー主婦が、空腹標準をモットーに、生活を楽しくする研究日誌。

骨格自己診断「ナチュラル」が気をつけるべきまとめ24個

最近、骨格診断に興味を持っていて、自分なりにこれかな?と思ったのは、

 

「ナチュラル」タイプ

 

です。

で、いくつかナチュラルタイプを検索したのですが、特に、こちらの先生のサジェスチョンが、気づきが多く、備忘のためにまとめておきました!

 

ブログ記事一覧|骨格診断・パーソナルカラーから学ぶ、40代、50代からの大人ファッションレッス ン

 

 よくあるナチュラルのイメージ図だと、自然でアースな感じ?ボヘミアン?で、こんなの着たくなーーーい!と思っていたのですが、

こちらの先生は、ご自身がナチュラルの方で、洋服のセンスが今時で素敵!

 

あと、ナチュラルの事例がとてもたくさんあり、ぼんやりとしか分からなかった(おそらく、診断を受ければわかるのでしょうが)、

 

・こういう着方ができる洋服を探せばいい

 

というのが、だんだん分かってくるのがすごいです!

(無料でここまで見せてくださるのが、さすが!)

 

特に、

・靴は重めのもので支える

フレアスカートは似合わない

・ハイゲージのシンプル丸首カーディガンは×

 

など、うすうす分かっていたことが、言語化されているのを見て、めちゃめちゃ納得感ありました。

 

以下、いくつかのサイトから集めた「ナチュラル」タイプが気にすることのまとめです。

 

 

ナチュラルタイプの場合、端的に言うと、

「平面な身体のラインに、奥行きとリズムを(フリルの甘さでなく、ドライなもので)つける!」

だそうです! 

 

あと、アイテム別のポイントは、

1)トップス

・ニットだと、ローゲージのもの

・素材、透ける、やわらかいものを避ける

・変形なドレープが入ったもの

・ざっくり感なロングカーデや、ジレ

・ストールも加えると奥行き感がでる

  

2)パンツ

・ワイドパンツ

・スキニーより、ジョッパーパンツ的なシルエット

・テーパードでも、すっとして織りの細かいのよりは、ザラッとしてて腰ではくようなもの

  

3)ウエスト位置

・あいまいにして、

・少し下にずらす。

 

4)スカート

・広がりを抑えて、ストレートかタイトスカート

(ストレートよりも、タイト)

・甘さがなくドライなスカートの方が、逆にシャープな中にほんのり女性らしさ

・カーディガンを巻いたような変形スカート(アバンギャルド?)

・腰回りのボリューム感を軽減するなら、コクーンシルエットなスカート

 

5)アウター

・トレンチ的なものは、ディーゼルのような、スタッズやポケットやボタンがついたもの 

 

6)すっきり・大人顔

・顔の近くに、ミニ丈のガーリーなスカートは×

・メンズライクなショートパンツ

 

7)靴

・重みのあるもるでほねばったフレームを支える

・ヒールなら、チャンキーヒール

・バレエシューズよりは、異素材ドライビングシューズ(エナメルとか)

 

8)ヘアー

・かっちり前髪は×

・無造作・あいまいな前髪やヘアー

・空気感のあるパーマも◯

 

9)ブランド

・ギャルリーヴィー

・デプレ

ディーゼル

・おそらく、KNOTTも

 

いつか、診断を受けに行ってみたいです!