読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空腹がうまくいく!

アラフォー主婦が、空腹標準をモットーに、生活を楽しくする研究日誌。

書評)はやくブログを書きたくなりました!

読んだ・観た ブログ・書くこと
「ブログに自分の旬な気持ちを記録しておきたい」

でもいざ書こうと思うと、「すらすら書けず止まってしまう・・・」
という方、多いと思います。私もその一人です。

なので、「書く」とういタイトルの本をついつい集めてしまいます。

これはAmazonの書評で、「読み終わるとワクワクした自分がいる。」と書かれている方がいて、私もブログをしばらく中断していたので、また書くための促進剤になればと読み始めました。
 
やってみたいと思ったのは、まず
・鼻歌を歌うように「ノートやスマホのメモ帳に書き戯れること」

鼻歌まじりに、週末やりたいことや、将来やってみたいことを手帳に書いてみる。「書く」という「本当の自分の心に耳を傾ける」という行為で、自分の欲望や希望を「受信する習慣」をつけるそうです。


そして、鼻歌を歌うように、と通じる部分ですが、

 ・書くことで人生を変える!ためにたったひとつ大切なこと=文字に自分の「感情」をのせること

自分の気持ちをなるべく丁寧に拾い、文字にして発信する。

それが、例え荒削りな文章でも、必ず誰かの心に影響するのだそう。
誰かを勇気づけたり、誰かを共感させたり、誰かに勇気を与えたり。
見えないところで言霊がその文章を見た人の人生観に影響する。
この連続が自分の人生を変えていくのだそうです。


そこで、作者がオススメするのが「トークライティング」という執筆法です。

 ・「目の前に好きな人」がいることを想像し、その人に話しかけるつもりで書く

ペンを持たずに話しかける。それを記憶して改めて文字にする。すると、語りかけるように言葉をつくりだすので「心のこもったフレーズ」が出来上がり、これが文章を上質にするのだそう。


実際にこれを意識して、ブログの文章を書いてみたのですが、本当!!

いつもはうんうん頑張って書いても、自分は何が言いたいのかはっきりせず、分からなくなってしまうことがよくありました。
ところが、話しかけるつもりで書くと、言いたいことがすっきり書ける!
爽快感が違う!

「書く」=「作文しなきゃ」と緊張して書けなくなる私のような人には、書くハードルをグッと下げてくれます。それでいて、言いたいことがクリアになる方法です。


はやくブログを書いてみたくなること、間違いなしです!